奥高麗

古唐津茶碗。細かい土で作られそのため砂気が少なく形もさまざまです。色も器肌も同じものはありません。土の味わいといい得も言われぬ雅やかさは見事です。他の焼き物と比べ種類が多いです。唐津の土は少し離れるだけでもまったく異質な粘土になってしまいます。
奔放に純粋に作られたこのまねようのない姿は。作品のゆがみから作者の心情が伺えます。

釉薬


奥高麗とは奥が古いという意味の高麗茶碗です。作為が感じられない大らかさがとても温かみを感じます。火の強さによりさまざまな姿が現れます。